• 群馬で注文住宅を建てる場合には

    • 群馬は内陸中央部の関東地方の北西部に位置し、人口は約196万6千人の地域で県庁所在地は前橋市となっています。

      南部には関東平野、西北部には自然豊かな山地が広がっていてからっ風とかかあ殿下が名物として知られ養蚕が盛んであったところとしても有名です。



      群馬の北風は強いとされ家造りでは北風対策も必要となります。



      引き違い窓は間から砂埃が入り易いとされ北の窓には滑り出し窓を採用する工務店もあるようです。

      又、群馬県は冬場の日照時間が全国でも上位に位置していて窓を大きくとることで冬場も昼間の時間帯を暖かく過ごすことができるとされています。

      夏場はその分暑くなりがちですがこれについては軒の出を出すことで夏と冬の日差しをうまく調節することが出来るとされています。



      風の流れとか太陽光など自然の力をうまく利用することで快適に過ごすことができ、その結果エアコンの使用量も最小限に抑えられ省エネ効果が期待できるとされています。

      注文住宅では基本的な性能には特に重点を置くよう配慮されています。
      その上で気候や風土、ランニングコストやメンテナンスを総合的に考え、自然素材を生かし木の温もりや肌ざわりが感じられるデザイン住宅を目指しています。
      基礎はコンクリートの1回打ちで立ち上げまで施工されますので構造的に強いものとなります。群馬の注文住宅では構造材として柱や土台には120ミリ角の県産のヒノキ材が、その他の根太や大引きにもヒノキ材が使われ梁や大黒柱には杉材が使われるのが特徴にもなっています。
      群馬の注文住宅では基礎断熱や気密・断熱、湿気対策がとられ100年先を見据えた家造りが行われているようです。


  • 難しくない社会

    • 注文住宅を群馬県で購入したいなら

      マイホームの購入は一生に一度あるかないかという、高額な買い物だったりします。なので購入後に、後悔しないためにも妥協点の少ない、納得の家を手に入れるべきです。...

  • サポート情報

  • 関連情報・社会コラム

    • 群馬県で注文住宅を購入する際の注意点とは

      マイホームの購入というのは、多くの人にとって一生に一度あるかないかの、大きなイベント事です。そのため、マンションにすべきか一戸建てにすべきかで、悩み続ける人も珍しくありません。...

    • 群馬県で注文住宅を購入したいなら

      マイホームの購入が人生で1番に高額な買い物になるという人は、かなり多いです。そのため購入した後に、後悔しない様に出来るだけ妥協点の少ない形で、マイホームを購入する事をおすすめします。...